プロジェクト ソリューション

ボルトとねじの違い


ネジやボルトの使用が異なります。ネジは通常主に締め付けと簡単インストールおよび除去の役割を果たす、固定部分を接続する使用されます。ネジの強度はボルトほど高くありません。ボルトが通常力軸受部品として用いられるので、ボルトより強いです。つまり、ボルトは通常固定よりも強い力に耐えることができます。合理的な設計は更に higg 緊張や圧力に耐えるように、せん断に耐えるようにボルトをようにします。ほとんどの場合、ネジは、部品のネジ穴を強化する使用され、カップリング ナットはほとんど使用されています。ボルトの使用はちょうど反対側には、通常以下の部分間のネジ穴、ナットで締める、締めます。

ボルト: 頭とネジ (外部スレッドの円筒状物体) から成るファスナーのタイプは貫通孔と 2 つの部分を接続するファスナーのナットを装備することです。この種類の接続は、ボルトと呼ばれます。

ネジ: 頭のネジ (外部スレッドの円筒状物体) からなるファスナーのタイプ。目的に合わせて 3 つのカテゴリに分けることができます: ビス、ネジ、特殊ネジ。ビスは主に内部の固定ネジ穴の 1 つの部分とスルーホールと他の部分間の接続用、ナットを必要はありません (この種の接続は、ねじ接続、それは取り外し可能な接続)それは、固定接続間の通し穴と 2 つの部品の固定用ナットに接続できます。ねじ締めが主に 2 つの部品間の相対的な位置を修正する使用されます。特殊ねじ部品を持ち上げるためのアイボルトのネジ)