中国、2018年〜2020年に6.3%の成長で2010年のGDPを倍増

30915afed3d3b928d4c4934280ca3386.jpg


2020年までに2010年のGDPを2倍にする目標を達成するためには、中国は2018年から2020年にかけて6.3%

経済諮問会議の楊Weimin副総裁は、「現在の経済成果から判断すると、目標達成に大きな障壁はない」と述べた。

5年前、中国はあらゆる点で適度に豊かな社会になるための重要な要素として、2010年のGDPと1人当たり所得を2020年までに倍増することに決めました。

GDPは2017年の最初の3四半期に6.9%増加し、政府の年間目標は6.5%を上回った。

第19回中国共産党全国大会で発表された報告書では、GDP倍増の目標については言及されておらず、急速に拡大するのではなく、開発の質を重視している。

「水準の高い開発は、開発経路を決定し、経済政策を策定し、マクロ経済規制を実施するための基本的要件である」と、水曜日の中央経済作業会議に続く声明は述べた。

「急速な成長ではなく、経済発展のテーマは高品質なものになるだろう」と述べた。

潜在的な成長率は、消費量の増加、財務リスクおよび環境制約のために変化している、と彼は付け加えた。

「中国がこれらの現実を無視し、急速な成長率に執着し続ける場合、付随するリスクはGDPの増加を上回るだろう」とヤン氏は語った。

水曜日の声明によれば、指標、政策、基準、統計および業績評価システムを含む、高品質な開発を推進するためのメカニズムを構築し改善する必要がある。

健全な経済発展を維持し、不均衡と不十分な開発とより良い生活のために人々の絶えず増大するニーズとの間の新しい主な矛盾に適応するためには、高品質な開発を実現することが不可欠であると、