中国、新しい鉄鋼容量代替政策を発表


t01075d5ec8ebd21a1d.jpg

産業情報省(MIIT)は、2018年の鉄鋼生産量のゼロ成長を確実にするための新しい政策を月曜日に発表した。

この新しい政策は、工場の能力増強を禁止している。

北京 - 天津 - 河北地方、揚子江デルタ、珠江デルタの環境に敏感な地域では、鉄鋼プラントは新しい容量1トンにつき少なくとも1.25トンの古い容量を除去する必要があります。

2017年の減産に伴い鉄鋼の利益は改善した。

MIITの声明によると、昨年1〜11月の鉄鋼製錬業の純利益は前年比180%増の約3,310億元(480億ドル)に達した。

鉄鋼業界は過剰生産を抑えながら、品質と利益に焦点を当てなければならない、と同氏は指摘する。