中国の製造活動が遅く拡大

ハイテク産業が盛んになる中、中国の製造業は2月に緩やかなペースで拡大した。

製造購買担当者の指数は、今月50.3で、水曜日の国家統計局(NBS)によると、1月の51.3から低下した。

50を超える数値は拡大を示し、下の数値は縮小を反映します。

NBSの上級統計家Zhao Qingheは、春節の休暇の月に指数が下がる傾向があるため、この減少を「通常の変動」と表現しています。

原材料在庫、従業員および供給業者の納入時間のサブ指標は50を下回ったままであったが、生産指数および新規受注指数はそれぞれ50.7および51に下がった。

減速にもかかわらず、製造業のPMIは、新興産業の好調な業績に支えられて、19ヶ月間で50を超えた。

ハイテク製造業の拡大は2月に急増した、と趙は述べた。

ハイテク製造業のPMIは2月に54を記録し、1月の53.2に比べて製造業全体の50.3を上回った。
設備製造もまた急速に拡大し、PMIは51であり、1月の50と比較した。

非製造業は、今月54.4で、1月の55.3から低下し、ペースが緩やかになった。

GDPの半分以上を占めるサービス業は、指数が54.4から53.8に低下したため、緩やかな拡大を示した。

小売業、飲食業、鉄道、航空、電気通信、インターネット、観光は、春祭りでは消費が増加し、56を超えるすべての事業活動指数が見られました。