世界の鉄鋼生産は2020年までに約2.5%減少し、5,0892万トンになる

国際ステンレス鋼フォーラム(ISSF)が3月15日に発表した統計によると、2020年のステンレス鋼の世界生産量は5,0892万トンで、前年の5,2218万トンから約2.5%減少する。このうち、ヨーロッパでは63億2300万トンが、前年の6805万トンから7.1%近く減少した。米国では2144万トン、前年の2593万トンから約17.3%減少。中国本土3,0139万トン、前年比2,940万トンに比べて約2.5%増加。中国、韓国、インドネシアを含むアジア中国本土(主に日本、インド、台湾)は6429万トンで、前年の7894万トンから18.6%近く減少した。その他の地域(ブラジル、ロシア、南アフリカ、韓国、インドネシア)は5857万トンで、1年前の5525万トンから約6%増加した。


四半期ベースでは、世界のステンレス鋼の粗鋼生産量は、第2四半期の減少後に四半期ごとに増加し、第4四半期の年初最高水準に達しました。第4四半期の生産量は1,41億2,500万トンで、それぞれ前月比で約13.7%、4.4%増加し、1年前を下回った。第4四半期の中国本土を除くすべての地域の生産量は、前四半期と比較して前四半期と比較して前月比約2.6%減少し、8236万トンとなった:欧州は21%近く増加して1719万トン、米国は約13.3%増加した。中国本土、韓国、インドネシアを除くアジアは約12.9%増の18億3700万トン、その他の地域は約16.1%増の1765万トン。中国本土、韓国、インドネシア、米国を除くアジアの生産は前年比で減少し、他のいくつかの地域の生産は第4四半期に増加した。