来年、鉄鋼需要の伸びが続く

28132033229.jpg


世界鋼材協会(World Steel Association)によると、中国政府は製造業からサービス業への移行を継続し、環境保護措置を強化しているため、来年の中国では鋼材需要の伸びが続くと見込まれている。

「中国の鉄鋼需要は、2018年に比較的安定したままであるかもしれない」と、ランゲ鋼鉄情報リサーチセンターのリサーチディレクター、ワングオキングは語った。 「不動産管理と環境保護措置は、インフラ投資とベルト&ロードイニシアチブに関連する機械製品による需要の増加にもかかわらず、鉄鋼需要を弱めました。

今年の最初の8か月間に、中国のインフラ投資は昨年同期比で19.8%増加し、残りの年の成長率を引き続き維持すると見込まれています。

中国鉄鋼協会副会長のLi Xinchuang氏は、中国の鉄鋼製品の国内需要は、経済の堅調な発展のために来年、さらなる成長が見込まれると述べた。世界鉄鋼協会。

「来年は、第19回CPC全国大会後の初年度となるだろう。すべての強みを持って経済成長を促進し、より高い鉄需要をもたらす」

世界鉄鋼協会(World Steel Association)は、9月16日に2017年10月のShort Range Outlookを発表し、2017年に中国の鉄鋼需要が3%増加すると予測した。

鉄鋼業界のもうひとつのSublime China Informationは、インフラ、自動車、機械などの川下部門の消費が好調になると、中国の鉄鋼消費量は今年2%増加すると予測している。

同国の自動車販売台数は2017年には2940万台に達し、前年比で5%増となる見込みです。

世界の鉄鋼協会は、世界の鉄鋼需要が今年には1,622.1百万トン、2018年に1,648.1百万トンに達すると予想している。中国を除く需要は、2017年には2.6%増、2018年には3%増の8億8240万トンとなる。

世界鉄鋼協会の経済委員会委員長であるテレビナレンラン(Narendran)は、「中国の成長が遅いことを主因に、2018年に世界経済の成長が緩やかになると予想している。一方、世界の他地域では、勢い。

今年は、先進国と発展途上国の経済勢いが強まっている。 報告書によると、金融市場の不安定さと株式市場過評価の懸念が高まっているにもかかわらず、世界の大部分で信頼感と投資感情が改善している。

また、保護主義の高まりや既存の自由貿易協定の再編についての懸念にもかかわらず、世界貿易は勢いを得ている。