高強度ボルトの技術基準

1 材料および装置:

1.1 ボルト、ナット、ワッシャー、品質の証明書を伴う必要があり、設計の要件および国内標準の規定に準拠する必要があります。

1.2 ストレージ高強度ボルト、防雨、防湿の仕様に従って分類される必要があります。ケースはボルト、ナット、スレッド被害が収まらない、使用してはなりません。ボルト、ナット、洗濯機防錆する必要があります使用する前に要件を満たすために、サンプリングされた締付軸力。

汚れ、油の粘度、清潔・乾燥によってボルトを染めていない可能性があります。バッチ番号をする必要があります、使用同じバッチ内でミックスを混在させない。

1.3 装置: 電動トルクレンチと制御機器、手トルクレンチ、手レンチ、ワイヤー ブラシ、ツール バッグ、などなど。

2 作動条件:

2.1 摩擦: サンドブ ラスト、研削加工、摩擦係数、設計要件の研磨法を用いた摩擦表面 (求める Q235 鋼 0.45%、16 MN 鋼の 0.55%)。木製の鉄酸化物許可 (通常のオープン ・ ストレージ 10 d) ボルトを取り付け、取付錆なしボルト摩擦表面処理サンドブ ラスト錆赤表面を生成した後に表面を処理できる摩擦摩擦面の残留。研削砥石を使用する場合研削、研削回数が 4 回未満回応力方向に垂直な方向の研磨、ボルトの直径は、明らかな不平等なし摩擦面に研磨する必要があります。油や塗料、汚染などによる汚染を防ぐために摩擦表面を徹底的に掃除する必要があります。

2.2 チェック ボルト穴径、穴端のバリを削除する必要があります。

2.3 同じ番号、ボルトのサイズ ナット、ワッシャー、使用のボックスと一致します。

2.4 電気レンチ、レンチは、校正後、手動でする必要があります。